obeisance

f0273022_09361941.jpg
obeisance:《堅》(敬意・服従の意を表す)うやうやしいしぐさ、おじぎ;敬意。丁寧なおじぎ、敬礼
画像出典:By Contributor(s): Sunday Truth - Item is held by John Oxley Library, State Library of Queensland., Public Domain, Link
obeisance n. Obeisance is homage, deep respect; literally, a bow or curtsy showing deference to a superior.




To make one’s obeisance is to make a gesture of deep respect, as in entering a church or advancing to meet a royal personage. In general use it indicates deserved respect or deference: When he returned from the war, General MacArthur enjoyed the obeisance of the cheering populace. The word can be used with a sardonic nuance: Ambitious composers sometimes play politics by flaunting their obeisance to renowned conductors and critics. Obéissance is a French word meaning “obedience,” and by extension, “submission,” based on the verb obéir (to obey).

1000 most important words

obeisanceとは忠順の誓い(homage)、深い尊敬;文字通りには目上の人への敬意を表するおじぎやカーテシー(※膝を折り身を低くする女性のおじぎ)(※1)のことです。「to make one’s obeisance」とは深い尊敬を示すしぐさをすること、例えば教会に入る場合や、王室の名士との会見でその方(かた)に近づく場合などのことです。より一般的な語法では、obeisanceは当然受けるべき尊敬や敬意を表します:マッカーサー将軍は戦争から帰還した時、大衆から敬意(obeisance)のこもった喝采を受け大いに喜びました。(※2)この語obeisanceは微妙に異なる冷笑的な意味合いで使われることもあります:野心的な作曲家は著名な指揮者や評論家への恭順(obeisance)を派手に誇示することでその著名人を利用することがたまにあります。obéissanceは「obedience(従順)」、拡大解釈して「submission(服従)」を意味するフランス語で、動詞obéir(to obey(従う))に基づいています。


homage:《通例単数形で》(権威あるものに対する)敬意。(封建時代の)臣下となる誓いの礼
bow:〈名〉おじぎ、会釈;身をかがめること。etc.

curtsy:〈名〉(女性の丁重な)おじぎ《ひざを曲げ、片足を後ろに引いて上体を少しかがめる》。
〈動〉(女性が)丁重におじぎする

deference:服従;尊敬
(deferential:敬意を表する、丁重な(https://arare39.exblog.jp/26961311/)の項目あり)

superior:〈名〉より偉い人、上官、上役、上司;目上の人、先輩。(修道院などの)長。《印》上(肩)付きの数字[文字](superscript)。etc.

royal personage :(@英辞郎)
やんごとないお方、高貴なお方、王族

personage:《堅》名士、著名人、有名人。(小説・戯曲などの)(登場)人物
deserved:相応の、しかるべき、当然の
populace:《集合的に》《単数・複数扱い》《通例the ~》大衆・民衆、庶民;群集。(ある地域の)全住民(population)
sardonic:冷笑的な、小ばかにしたような(※項目あり)

ambitious:(人が)大志を抱いた;(人が)〈~の〉成功を熱望[期待]する(⇔unambitious)〈for〉。(計画などが)大規模な、野心的な、多くの費用[人数]を要する(→modest)。《叙述》(人が)強く望んでいる〈for, of ~を / to do ~することを〉
play politics:(私利のために)政治的に画策する、裏工作をする、策を弄する

flaunt:〈動〉〈他〉~を誇らしげに見せびらかす、ひけらかす。《~ oneselfで》これ見よがしに振る舞う。
〈自〉得意げに振る舞う。《旧》(旗などが)誇らしげに翻る

renowned:名高い、有名な、名声のある〈as ~として;for ~で〉(《類》非常に名声の高い)
obedience:〈~への〉服従,従順;〈法・命令などに対する〉遵守〈to〉(⇔disobedience)

submission:屈服、服従。屈服[服従]した状態。(決定・裁量などを求めての)提出、付託;(提出[付託]された)提案、提議、計画、書類、文書、原稿。《法》(法廷で判事や陪審に対して示される弁護士[検事]の)意見[判断]。《レスリング・柔道》(対戦相手に対する)降参、まいった(の合図)


(※1)カーテシー
A curtsey (also spelled curtsy, courtesy in British English, or incorrectly as courtsey) is a traditional gesture of greeting, in which a girl or woman bends her knees while bowing her head. It is the female equivalent of male bowing in Western cultures. Miss Manners characterizes its knee bend as deriving from a "traditional gesture of an inferior to a superior." The word "curtsey" is a phonological change from "courtesy" known in linguistics as syncope.
(https://en.wikipedia.org/wiki/Curtsey)

syncope:〔文法〕 語中音消失:never を ne'er とするように,語の内部の1音以上が消失して音が短縮されること.(@goo辞書(小学館ランダムハウス英和大辞典))

カーテシーについて詳しいページ(日本語)↓
https://www.multilingirl.com/2017/11/queen-elizabeth-curtsy.html
https://ameblo.jp/audrey-beautytips/entry-11349353131.html
こちらは英文。カーテシーの写真が豊富
http://daysofmajesty.blogspot.jp/2012/09/royal-curtsy.html


(※2)
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1180916181
(Q&A抜粋)
Q「アメリカでのダグラス・マッカーサーの評価や知名度はどれくらいあるんですか?」
A「マッカーサーは太平洋戦争、朝鮮戦争を最高司令官として戦い抜き、最終的に帰国したのが14年ぶり。ローマのシーザーに例えられて「アメリカン・シーザー」と呼ばれて英雄として大歓迎を受けました。議会での「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」という有名な演説のあとの市内パレードではワシントン市始まって以来最高の50万の市民が大歓迎しました。その翌日のニューヨークでのパレードでは、アイゼンハワーが欧州戦線から戻った時の4倍の700万のニューヨーク市民が沿道を埋め尽くして紙テープなどを撒き、歓迎しました(700万はちょっと、と思うのですが、日米ともウィキにもそう書いてあります)」

https://www.gettyimages.co.jp/detail/%E5%8B%95%E7%94%BB/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%8B%95%E7%94%BB/106670792
「1945 B/W MONTAGE General Douglas MacArthur in ticker-tape parade / USA」
↑サンプル動画(18秒)で当時の熱狂ぶりを垣間見ることができます

ticker-tape parade:(歓迎・祝勝などの)紙テープ[紙吹雪]の舞うパレード
(ticker tape paradeについて書かれたページ↓)
http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/2014-02-20


(参考)
obeisance:(@goo辞書(小学館ランダムハウス英和大辞典))
[名詞]
1 ((主に文語)) (深い敬意を表現する)敬礼,お辞儀(bow),(ひざを曲げ体を少し下げる)婦人のお辞儀(curtsy)
make an obeisance [one's obeisances]深々とお辞儀する.
2 ((主に文語)) 敬意,尊敬
make [or do, give, pay] obeisance to…に敬意[恭順の意]を表する.
3 ((主に文語)) ((廃)) 従順,服従.

by arare39 | 2018-07-13 00:48 | 英語 | Comments(0)

訪問ありがとうございます。1000 most important wordsという本を訳しています。当サイトで引用している文章や画像の著作権は引用元の作者様にあります。不適切な記事、画像、リンク等がございましたら早急に削除するなどの対応をいたします


by arare39